2015年武蔵野ステークスの最新情報!枠順確定後の予想

開催日

2015年11月14日 第20回 武蔵野ステークスGⅢ
武蔵野ステークス

出馬表

馬番 競走馬名 騎手
1 1 ツクバコガネオー 柴田 善臣
2 2 ニシケンモノノフ 横山 典弘
3 3 アドマイヤロイヤル 内田 博幸
3 4 フィールザスマート 田中 勝春
4 5 モーニン 川田 将雅
4 6 オーブルチェフ 北村 宏司
5 7 グレープブランデー T.ベリー
5 8 ベルゲンクライ 三浦 皇成
6 9 ナガラオリオン 柴山 雄一
6 10 ノンコノユメ C.ルメール
7 11 ゴールデンバローズ R.ムーア
7 12 チャーリーブレイヴ 蛯名 正義
8 13 タガノトネール 戸崎 圭太
8 14 セカンドテーブル 義 英真

武蔵野ステークスの開催競馬場について

東京競馬場1600mダート。コースの特徴は?

芝のポケットスタート。ダートの本線までに150mほど芝を走る。芝で加速をつけてスピードに乗せる必要があるため、出遅れは致命的。まずは好発できるかどうかが勝負の分かれ目となる。
スローペースになることは少なく、下図のデータを見ても分かる通り、ラップは大きく前傾するのが基本。砂質も軽いため、結果的に芝並みの速い時計・上がりが要求されることになる。そのため、得意な馬は得意だが、不得意な馬は不得意と、適性の差がハッキリと出る。
ダート戦ということで基本的には逃げ・先行が有利だが、東京ダート1300m~1400mに比べると逃げ切りの割合は少なく、上級クラスになると後方からの差し・追い込みも届く。

ダート戦だが、芝からのスタートでダッシュが決まらないと勝負にならないことがあるようですね。

スタート勝負もあるようなので、スタートの上手い下手の競走馬を確認しておいたほうがいいですね。

偶数枠は先にゲートに入って待機しないといけないので競走馬によってはスタートで若干不利な事になるかもしれませんね。

推しの1頭

ノンコノユメ
地方競馬だがジャパンダートダービG1で勝利している力を持っている。

圧勝した力で一躍ダート界の注目馬となり、今回は間違いなく人気馬の1頭になるだろう。

気になる対抗馬だが、モーニンとなりそう。

まだ出てきたばかりの新生!4連勝中で初の重賞レース挑戦となる。

どのような走りをするかが分からないが、ノンコノユメと戦えるのはこの1頭か!?

LINE配信中

詳しい情報や買い目はLINEからも配信中!

友だち追加数

スポンサーリンク

今月のオススメ競馬予想サイト

今月のオススメ競馬予想サイト

買い目付き情報の為、新聞も必要なくなります!!誰でも簡単に3連単を手にできる!登録完了後の週末から早速無料で3連単情報をゲット!しよう!
↓↓↓

→今すぐ確認してみる←
※メールアドレスが必要です。フリメ可能。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。