2015年キーンランドカップの枠順確定

開催日

2015年8月30日 第10回 キーンランドカップGⅢ
キーンランドカップ

出馬表

馬番 競走馬名 騎手
1 1 タガノアザガル 松田大作
1 2 サクラアドニス 武豊
2 3 クールホタルビ 水口優也
2 4 スギノエンデバー M.デムーロ
3 5 レッドオーヴァル 岩田康誠
3 6 サトノタイガー 町田直希
4 7 マジンプロスパー 北村友一
4 8 ネオウィズダム 柴山雄一
5 9 エポワス J.モレイラ
5 10 ティーハーフ 国分優作
6 11 ローブティサージュ 三浦皇成
6 12 オメガヴェンデッタ 横山典弘
7 13 ウキヨノカゼ 四位洋文
7 14 ペイシャオブロー 蛯名正義
8 15 レンイングランド 菱田裕二
8 16 トーホウアマポーラ 福永祐一

キーンランドカップの開催競馬場について

札幌競馬場1200m芝。コースの特徴は?

札幌開催の芝レースでは最も多く番組が組まれている条件。向正面の延長したポケットからのスタートで3コーナーまでの直線距離は406m。前半のペースは同じ洋芝の函館芝1200mとほぼ同様だが、上がり、全体時計は速くなっている。
コース形態上、当然、逃げ・先行有利だが、施行回数が最も多い古馬500万下では先行馬と差し馬の勝ち星が変わらず、古馬1000万では差し馬が先行馬の成績を上回っている。イメージほど前が残るわけではないことに注意。特に開催後半は馬場が荒れていることも多く、馬券を買う前に当日の馬場状態はシッカリと見極めておく必要がある。

札幌競馬場も後半戦となっている。
インコースは馬場が荒れており走りにくい可能せうがありそうですね。
スタートから3コーナーまでの位置取り合戦がありそうです。
そこで、良いポジションにいないと厳しそうなので、スタートが重要となってきます。
1200mとスプリントレースだが体力も必要とするペースになるので、そこも注目しておきましょう。

推しの1頭

ティーハーフ
やはり今回は現在3連勝中のティーハーフが注目されそうだ。
国分騎手に変わってから直近5レースで全て馬券に絡む活躍となっている。
今回も国分騎手が騎乗するので期待も膨らむ。
得意の芝右回りで条件は全て整っている。

少し気になるのが、エポワス。
なんとなくだが伏兵として、高額配当狙いをしてみようかと思っています。

マストドン始めました

みんなで語ろう競馬予想!競馬専用マストドン

スポンサーリンク

今月のオススメ競馬予想サイト

今月のオススメ競馬予想サイト

買い目付き情報の為、新聞も必要なくなります!!誰でも簡単に3連単を手にできる!登録完了後の週末から早速無料で3連単情報をゲット!しよう!
↓↓↓

→今すぐ確認してみる←
※メールアドレスが必要です。フリメ可能。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。